なぜ6年続けた純金積立をやめたのか【攻める投資へ】

2020年12月14日

プロフィールにも書いている通り、投資対象をガラッと34歳で変えました。変えた中の一つに、純金積立を辞めたというのがあります。今回は

Takはなぜ純金積立を辞めたのか?

辞める際にどの程度利益が出たのか?

について投稿します🎈

今は換金したお金を、トラリピ、トライオートETFに投入しています!

そもそも純金積立を始めた理由

「ジム・ロジャーズ」というアメリカの投資家が、『金融資産の1割は金にするべき』という雑誌かWebの記事を読んだからです。金は不景気(株・投資信託の下落)の時のために、価値が変わらない安全資産として、とりあえず少しはもっておくべき!ということです。

投資とはそういうものなのか!と思って積み立て始めました。あと、金を持っているってなんかかっこいいなと🤗投資ポートフォリオを少し考えています感がでる!(笑)

純金積立した期間・最終利益

2013年12月から2020年8月の約6年間積み立ててました。合計で170gの金を購入しました。積立金額は基本的に毎月1万円(ただ一時期は2万円していた)で投資額の合計は95万です。

金の積立グラフ

上のグラフが、家計簿サービスのMoneyForwardのデータです。純金積立サイトと自動連携しており、評価額が出ています。売却時の評価額は130万。購入時の手数料が1万円当たり250円😱なので、

売却益は、130万円(評価額) – 95万円(投資額) – 250円×95回 (手数料) = 33万円になります。

ざっくり平均利回りは6パーセントでした。結構いいですね。

なぜ金ETFや投資信託ではなく、純金積立を選んだのか

「純金積立」と書いている通り、金ETFや投資信託ではなく、実際に現物の金を積み立ててました!具体的には「田中貴金属」という会社の純金積立サービスを利用していました。

純金積立は、金ETFや投資信託と比べて手数料が割高になります。田中貴金属は1万円分購入で250円の手数料が必要。手数料とかTakは嫌いそうなのに意外ですよね?(笑)理由があります😅

それは実際に実物資産として、金を手元に置いてみたかったからです!

金は世界中で貴金属として人気があるっていうじゃないですか?実際に一度は持ってみたいなと思っていたんですよね。純金積立は現物の金に変えることが出来るので、解約時には20g分を現物にしています😀

実際に届いた現物がこちらです。

https://twitter.com/TTT86/status/1298971196474580992

33万円分が売却利益と書きましたが、その半分は現物の金の資金に割り当てました!

当時レート(1g当たり7000円)で14万円分の現物金です😁

積立当初は、結婚指輪にもできると聞いていたので、機会があれば指輪もいいなと思っていました。しかし、残念ながらその機会はなかったです…。

また現物金が手元ある感想ですが、そんなに所有欲が満たされませんでした😅想像よりもずっしりしていますが、それだけ。なぜ金にこんな価値があるのか?🤔と思ってしまいました。

6年間続けた感想

  1. 純金積立のサイトやMoneyForwardで損益が出るわけではないので、利益がどのくらいか把握しづらい。(金ETFや他のサービスは違うかもしれません)
  2. 株や投資信託と比べて値動きがあまりなくて、正直投資としてつまらない。さすが安全資産😊

正直なところ、積み立て中は利益が出てるのかも把握していませんでした…。まあ安全資産だしいいかなと思っていました(笑)

辞めたきっかけ

プロフィールの通り、攻める資産投資にしたいなと思ったタイミングで、コロナの影響で金の価格が高騰していたからです😄いいタイミングだと思って、一部現物にして残りを換金しました。

しばらくは安全資産の購入はいいかなと思ってます…!